FC2ブログ

カムイ外伝 初日舞台あいさつ~立ち上がれ男どもよ~

「ヨウちゃ~ん」若い女性から声がかかる。
「えへっヨウちゃんだって」崔監督、まんざらでもなさそうだ。

9月19日川崎TOHOシネマズ「カムイ外伝」17時50分の回上映後に行われた舞台挨拶。
崔洋一監督と主演の松山ケンイチくんが登場。
その日6回目の舞台挨拶ということで、来場の労いの後はすぐに質疑応答になった。
だいたいの感じで書いてます、正確な言葉ではありませんので、ご注意ください。

「はいはいっ」女の子たちの元気のいい声が響く。

質問一人目は「前後」のTシャツをきた女の子。気合いがはいっている。
「一番苦労したところはどこですか?」
ケンイチ「用心しながら島に帰ってきたときに、子供たち、半兵衛、サヤカ、スガルと
どんどん死んでいるのを見つけた時の気持ちが難しかったですね。
まったくわからなくなって、監督に一から説明してもらいました。
撮影再開のときも、カメラの向こうじゃなくて、近くでずっと離れずに監督はついててくれました。」

質問二人目は髪の長い女の子。
「毎日汗をかいたかとおもうんですが、ボディーソープは何をつかってますか」
崔「俺の聞いてもうれしくないと思うけど・・・使わない!
うそ、ホテルの。家からもってきたのかな。わかんないね。」
ケンイチ「やっぱりホテルのですかね。
暑いと言えば、脱水症状にならないようにペットボトルはいつもそばにありましたね。
でも、水飲んでりゃいいってもんじゃなくて、塩けも必要で、梅干し・クエン酸は必需品ですね。」
崔「ケンイチは撮影終わって点滴うけに行ってたね」

質問三人目は前髪の赤い女の子。
崔「女の子ばっかりだな。男はいないのか、男は~」
赤い前髪の子「(となりのこの手をひっぱって)ここに」
崔「よし、君も立って」
男の子「(いやいやをする)」
ケンイチ「(爆)」
崔「(ニガ笑い)」
女の子「この作品のテーマの一つが『ゆめ』と聞いていますが、お二人の夢はなんですか」
ケンイチ「う~ん、う~ん、夢ですか」
崔「ここでみなさんに会うことが夢でしたが、それは達成できました。
そして、また続編でみなさんにお会いすること!」
満場一致の拍手、歓声で、場内がワーンと盛りあがる。

私の席は後ろから2番目の左側でした。
ケンイチも崔監督も豆粒のようで、ただ、ケンイチのスタイルの良さ・色の白さは
遠くからでもわかりました。
カメラ・写メ禁止だったのが痛かった。
トークショー付きのはカメラOKでしたから。
舞台あいさつ初体験は、いい経験・教訓になりました。
次はオペラグラス持参でGO!

ほんとに、女の子ばっかりだった。
男の子は女の子に無理やり連れてこられた、もやしっ子ばかり。
男の子同志でなんて見つけられませんでした。

舞台あいさつ付きだから、ケンイチ狙いで、女の子多いのはしょうがないと思うけど、
2週目からは、男の子たちががんばってみてくれなくちゃ困る!
本来は男の子が見るカテゴリーでしょ、これって。
君たち男の子が必要なものがたくさん詰まっているよ。
そして、見たら確実におもしろいよ!

立ち上がれ~男子!!
スポンサーサイト



風邪をひいたようです

わたくし事で恐縮ですが、風邪をひいたようです。
熱があります。(名前も熱ですが^^)
頭痛いです。(別の意味でいつも痛いですが^^)
今日はもう寝ることにします。
おやすみなさい。

セクシーボイスアンドロボ  日々ごはん11

ひびごはん

JR大阪駅構内の書店BOOK1stで、何気なく手に取った本。パラパラめくったら『セクシーボイスアンドロボ』の文字が!運命感じちゃいました。

料理家・高山なおみさんのエッセイ『日々ごはん』の最新刊、11巻です。
高山なおみさんは「ホノカアボーイ」のおいしそうな料理を担当されています。
松山ケンイチ主演「セクシーボイスアンドロボ」のことが書かれています。
2007年当時のリアルタイムの日記です。

p76・4月17日(火)小雨
夜、新番組のドラマを見ていて、あれ?このずらし方?このタッチはもしや…と思って見ていたら、脚本が木皿泉さんだった。片桐はいりや朝丘ルリ子も出てるし。松山ケンイチ君も女の子もいい感じ。やったー!またひとつ楽しみなドラマが始まった。

p86・4月24日(火)曇り、夜になって雨
今夜は、お楽しみの『セクシーボイスアンドロボ』がある。

p117・5月15日(火)曇り
(高山さん、ウーロン茶の広告の撮影で中国へ。以下はご主人の日記)
夜、家人申し付けの「セクシーアンドなんとか」を録画する。
おれは「ガイアの夜明け」なので一度も見てないが、ずいぶん感情移入しているらしい。
それを観賞中は、とてもその場所に立ち入れない。
誰でもなにか本当に好きなものに向かうとき、他のひとは避けて道を開けてくれたり、助けてくれる。 ように思う。
そういう約束がこの世にあると思う。
聖なる約束に従い、われビデオのボタン押したもう。
家内安全を祈る。


p140・5月30日(水)雨、肌寒い
昨夜の『セクシーボイスアンドロボ』の前編には、ドキドキさせられた。
あっという間に終わってしまったが、予告編の時、映像も声も、前編のものしか写らなかった。こういうのも木皿泉さんのやり方だろうか。予告編やメイキングなど、じゃんじゃん見せて視聴率をとろうとする最近のテレビや映画の作り方と真反対だ。

p160・6月6日(水)晴れ
(…略…)
ふたりは9時半くらいに帰っていったが、『セクシーボイスアンドロボ』を録画しながら、私とスイセイ(ご主人)はまたつづきを飲み始めた。
というわけで、今日『セクシーボイスアンドロボ』のビデオを見た。もう、ぼろ泣きだった。すごくよかった。ロボも、よっちゃんも、真面目な顔をするとすごいハンサムで、ドキドキしてしまった。ロボが小林聡美をじーっとみつめるところなど、自分のことでないのにすっかり照れてしまい、またドキドキした。
(中略)
さて、明日からまた中国だ。今夜は、もういちど『セクシーボイスアンドロボ』を見て、さっさと寝よう。

p161・6月7日(木)朝は晴れ、それからも
やっぱりよく眠れなかった。寝ているのだけど、ずーっとどこかが起きてる感じ。
でも、朝方、ロボの夢をみた。寝る前にもういちどビデオを見たからだ。ビデオってすごいな。 それでは行ってきます。

p175・6月14日(木)曇り時々雨
昨夜は早め風呂に入って、十一時にはぐっすりだった。今朝もまたロボの夢をみちゃったのは、『セクシーボイスアンドロボ』を見て寝たからだ(今週のもビデオに撮っておいた)。来週が最終回だそう。またひとつ、楽しみが終わってしまうなあ。

p181・6月19日(火)曇り
今夜、ついに『セクシーボイスアンドロボ』が終わってしまった。く~~~っ。でも、とても心地いいラストだった。ふわっと泣いて、爽やかな風がスッと吹き抜け、涙を乾かしてくれた。人生は、べたべたとしつこく息苦しいよりも、少し淋しいくらいの方がいい。明るくて、能天気で、ちょっと切ないのがいい。

p185・6月21日(木)晴れ、夕立
 ひさびさに寝坊してしまった。11時です。
 レシピも書き終わったし、なんとなく、いろんなことが終わった感があって。『セクシーボイスアンドロボ』も終わっちゃったし。
 昨夜は、ビデオに録った最終回を見てから寝た。寝ながらも、頭の中ではずっとあのテーマソングが流れ、どこか分からないけれど、たぶんロボのアパートとニコの家を中心に、半径1キロメートルくらいの中にあったであろう原っぱや並木道、ロボが最後に星空を眺めていた高台(駅だろうか?)やら。人が出てくるのではなく、そんな風な景色だけの夢をみていた。終わっちゃったけど、ビデオがあるから、これからもうしばらく楽しめる。

p268・8月19日(日)快晴
 ウーロン茶CMの仕事は、「ロボ、出動よ!」と、急に電話がかかってくるような感じ。ふだんの暮らしのリズムの中に、いきなり連絡が入っても、どんなことがあっても中国には出掛けていく。スーツケースに詰めていくものは、スパイの七つ道具だ。





失くした記憶の物語

ナクシタキオク

「失くした記憶の物語」よみました。
ガブリエル・ゼイン作;堀川志野舞訳

主人公の高校生の女の子が階段から落ちて、直近4年の記憶を失う。
これがナオミで、堀北真希。
助けてくれたハンサムで影のある先輩がジェームズで松山ケンイチ。映画ではユウジ。
ナオミのイヤーブック(アルバム)委員活動の親友ウィルに手越祐也。映画ではミライ。

原作では、ナオミは長身の女の子で、ウィルと同じくらいの背丈。
手越くんは真希ちゃんよりかなり高いでしょう。
ケンイチは原作どおりの長身のハンサム、きゃ~。

原作だと、救われたジェームズに心奪われるけど、最終的に大切な人は誰かということが
わかって、ウィルを取り戻す、って話だから、なんだかな~ケンイチ!プンスカ・・・となるのです。
映画版ではどうなるのかなあ、これじゃあ、手越くんにいいとこ持ってかれちゃうから、
ダブル主役とまでいっているので、お話が少しかわるのではないかな、とも思います。

どちらにしても、期待してます。
かなり、ジェームズ(ユウジ)は、複雑で不安定な性格をした人物なので、
これをどうケンイチが演じるか、とても楽しみです!

ぼくうみ

bokuumi

みてきました、ぼくうみ。
長いタイトルです。
「ぼくはうみがみたくなりました」
です。

これは、東急東横線の都立大学駅に貼ってあったポスターです。
パチリしてきました。

さて、この映画、自閉症の男の子と、その男の子に亡くなった恋人の面影が似ていることから
一緒にドライブに出かけることになった看護婦の卵の女の子のおはなし。

自閉症の男の子には弟がいて、やっぱり妹が障害者の女の子と一緒に
デートで見る映画が「ウィニング・パス」。
ケンイチがリハビリで、療法士のおにいさんから指導をうける。
「バランスをとる練習だよ。手を広げて・・・(バタンと横に倒れる)」
とやっているシーンがうつりました。

あ!ケンイチ!一気にボルテージ上がりました。


東京都写真美術館1Fホールでイベントがあります。

9月16日(水)1回目(10:30)上映終了後
「ぼくうみ」スペシャルウィーク
“内山登紀夫先生×石井めぐみ氏 Special Talk”
ゲスト:内山登紀夫氏(脚本医療監修・福島大学大学院教授・横浜発達クリニック院長)
石井めぐみ氏



男の子のお母さんに石井めぐみさん。
大きくなってもまだまだ心配な息子が連絡もなく、急にいなくなって本気で心配する
その姿にこころうたれます。

旅行先の城ケ島の海で偶然再会する幼稚園時代の園長さんで初老の夫婦に秋野大作さんと
大森暁美さん。
秋野さんは、胃がんで余命いくばくもないことを悟り、術後まもないうちに、
見れるうちに海を見ておこうとやってきたのです。

このご夫婦がまた素敵なんですよ~
城ケ島の渡し船に偶然乗り合わせたことがきっかけて知りあいになり、結婚までしたおふたり。
懐かしの渡し船に乗りに来たのです。
でも、橋がかかってからは渡し船必要じゃなくなって、やめちゃったんです。
がっかりしている元園長せんせい。
お風呂に入りながらそんな話をきいた男の子は、元園長先生のために、
ボートを漕いであげます。
その時の、先生のうれしそうな、信頼しきった顔ときたら・・・

御話全部書いちゃいそうなので、これくらいでやめときます。


自閉症の男の子の奇妙な行動にびっくりしたり、おびえたり、
笑ったり、感心したりしながら、だんだん打ち解けていくうちに、
一人のにんげんとして、これからもずっと付き合っていく、と最後に決心する。
女の子のすがすがしい表情に、見てよかったなって思えました。
熱情


松ケンフリーク!

    プロフィール

    熱情

    Author:熱情
    松山ケンイチさんを応援するサイトです。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード