FC2ブログ

人セク☆トークショー

20090405225741
20090405225739
20090405225737
行って来ました、人セク☆トークショー!
会場は池袋の新文芸坐。
9時50分から人セク、12時半から接吻、そして14時半からトークショーというスケジュールです。

入れ替え制ではないので朝一番に来たほうがいいですよと電話の問い合わせに丁寧に答えてくれた方の言うとおり、20分前に到着でもかなりの人の入りでした。
なんとか真ん中あたりの席を確保。

では以下に「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督と映画ライター杉浦かおりさんのトークショーの内容をお知らせしますね!

今回は美術の木村先生(井上監督said)にスポットライトを当てたお話でした。
木村先生は鈴木清順監督の名作「陽炎座」などの美術でも有名な91歳になる日本映画界の宝です。

ユリのアトリエにある巨大なドームは、鈴木清順監督「狸御殿」の悪霊を煮込む大釜をひっくり返して流用したんだそうです。
それでユリの「前に住んでた芸術家のおじいさんが残してった」のセリフに繋がるわけです(笑)。

黄色の巨大バルーンの話。
木村先生は愛に狂った二人を象徴するように狂気を表す黄色にしたいと言ったそうです。
因みに実際に巨大バルーンを使う授業をしているのが阿佐ヶ谷美術学校だそうです。

助監督時代のエピソード。
立ったり座ったりがはげしくてズボンが破れたのに、あまりの忙しさに履きかえることができずガムテープをはってやり過ごしたこと。

そしてお待ちかね松山ケンイチくんのこと。
ラブシーンはリハーサルなしでぶっつけ本番。
動きの指示だけしていたこと。
キスシーンのチュッパチュッパする音はマイク一本撮りの本物。
アフレコじゃありません。
口を閉じているとLになっちゃうので、「とにかく口を出来るだけ開いて下さい。」という指示をしていたんだけど、初めてのキスシーンだけは「口を閉じて」という指示をだしたそうです。
その指示を守って口をとじていたケンイチくん、執拗なユリのキスにだんだん開いてきてしまって、あっいけない、閉じなくちゃ…と思ってやったのがあの演技。
結果的にみるめの初々しさが表現できて大成功ってことで。

そして、タイトルの「セックス」で役者さんやとくにロケ地の学校に交渉するのが難航したこと。
女子美では教授会が召集されたこと。
その中の一人がわざわざ監督の「犬猫」を観て「この監督はいい映画を撮る人です」と援護してくれてOKがでたこと。

女子美でロケできて良かったですね!

写真3枚目はトークショーの風景。
大人気で、来場者は10代から70代まで年齢層広い!
頭の寂しい方も手前に映ってますね^^。

写真2は人セクのパンフレット。
井口監督にサインいただきました!(写真1)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あはは

上映会&トークショウ、満喫したみたいで良かったですね。
「人セク」公開当時見たかったんだけど結局見に行けずだったんですよね~

だからもし、劇場で作品を見ていたら多分私がケンイチファンを自覚するのはもっと速くなっていたはずなんですけど…

DVDレンタルで見てそのまますぐTSUTAYAに返却と同時に購入した作品です。

この作品、本当に何気スタッフも凄い人がいたりして…

メイキングでもずっと「口開けて」と言っていましたしね~(笑)

キスシーン、一気に撮影してるんだろうけど、ちゃんと初々しさと段々積極的になっていく様子が表現されているのも凄いなと思うし、なぜだかどんなことしてもエロいんだけど厭らしくはないんだよね。それも凄いと思う。

なんだか松山ケンイチ「際物」役が多いと思われがち(インパクトがありすぎるからか)だけどそれはそれでいいけど、私的には「みるめ」とか「和音」とか本当に普通の役をあれだけ普通に演じられるということが役者として凄いなと尊敬する部分なんだよね~♪(人セクを語り出すと長くなるから・・・(笑))

Re: あはは

mayさん、こんばんは~

> 上映会&トークショウ、満喫したみたいで良かったですね。
すごく、楽しかったです!
こんな経験初めてです!
次にトークショーに行く時は、サインペンが必要だな、というのが教訓!
いつサインがもらえるかわかんないですからね~

> 「人セク」公開当時見たかったんだけど結局見に行けずだったんですよね~
>
わたし、最初ナオコーラさんの原作読んだんです。
とっても好きで。
でも、その時は、映画みにいかなかったんですよね、なんでだろう。

> だからもし、劇場で作品を見ていたら多分私がケンイチファンを自覚するのはもっと速くなっていたはずなんですけど…
>
わたしもです!
ファンになっていた自信があります!

> DVDレンタルで見てそのまますぐTSUTAYAに返却と同時に購入した作品です。
>
私は、レンタルなしでDVD即買いして、そのあと原作もう一回読んだら、
もはやみるめは松ケン以外かんがえられなくなってる。
本のなかで松ケンが動いてる・・・

> この作品、本当に何気スタッフも凄い人がいたりして…
>
> メイキングでもずっと「口開けて」と言っていましたしね~(笑)
>
> キスシーン、一気に撮影してるんだろうけど、ちゃんと初々しさと段々積極的になっていく様子が表現されているのも凄いなと思うし、なぜだかどんなことしてもエロいんだけど厭らしくはないんだよね。それも凄いと思う。
>
一途な感じが、もう、どうしてもかわいくてしょうがないんです~。

> なんだか松山ケンイチ「際物」役が多いと思われがち(インパクトがありすぎるからか)だけどそれはそれでいいけど、私的には「みるめ」とか「和音」とか本当に普通の役をあれだけ普通に演じられるということが役者として凄いなと尊敬する部分なんだよね~♪(人セクを語り出すと長くなるから・・・(笑))

私にとって「みるめ」も「和音」も物語の中で実際に生きている愛すべき少年たち。
本当に、と~っても大好きで、やっぱりそんなに好きにならせてくれた松ケンに感謝と
尊敬をおくります。
そして、「奇跡の」とつく位、その時にしかできない役なんだと思う。
これからの松ケンは、どんどん大人になっていってしまうのだろう。
初めて人を好きになったときの甘酸っぱい思いがよみがえってきて、
せつなくなりますね~

No title

ナオコーラさんの原作は買うまでに何度も立ち読みして結局買ったんですけど(笑)

原作のみるめの不甲斐無さが映像としてちゃんと成立していたと思います(笑)

でも、信玄餅のシーンは西日本に住んでいる人たちにとっては未知の食べ物だったんですよね~(お土産のものだということは分かっていても信玄餅を見たことがないので…今もですけど)

未公開シーンの英語の授業のシーン本当に好きだけどやはり尺の問題で削っちゃったんだろうけど勿体ないなって…。

アナザーのインクのシーンの最後のみるめの「はい、青っ洟」というのも好き♪

初めてユリのアトリエに行くシーンで電車で寝て慌てて起きてホームに出てくるシーンも好き(好きだらけだ)

Re: No title

> でも、信玄餅のシーンは西日本に住んでいる人たちにとっては未知の食べ物だったんですよね~(お土産のものだということは分かっていても信玄餅を見たことがないので…今もですけど)
>

信玄餅、ご存じない!?
東日本の人間にとって、と~ってもポピュラーな食べ物です。
で、食べ方なんかは、どうやるときれいにきな粉まで残さず完食できるか、とか、
どうやるとパーフェクトにこぼさないで食べれるか、とか、まあ論議はあります(笑)
で、必ずうんちくたれるやつがいるので、そんなのも思い出して、失笑なんです。

> 未公開シーンの英語の授業のシーン本当に好きだけどやはり尺の問題で削っちゃったんだろうけど勿体ないなって…。
>
> アナザーのインクのシーンの最後のみるめの「はい、青っ洟」というのも好き♪
>
> 初めてユリのアトリエに行くシーンで電車で寝て慌てて起きてホームに出てくるシーンも好き(好きだらけだ)

あはは、好きだらけですね。
ほんとに、DVDの特典映像は、お宝ばかり。
人セクは、やっぱり初回特典が買いですね!
熱情


松ケンフリーク!

    プロフィール

    熱情

    Author:熱情
    松山ケンイチさんを応援するサイトです。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    最新トラックバック
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード